水害に備えて吸水土のうを敷き詰めておこう

扱いやすいタイプです

作業員

保管場所にも困りません

低地に住まいがある場合は集中豪雨などで被害が出ることがあります。降り注いだ雨が河川や用水路の排水能力を超えてしまうと、溢れた水が低地へと流れるため河川から離れた住宅地でも被災する可能性があるので注意が必要です。集中豪雨などによる浸水被害では、汚れやにおいを完全に取り除くことができなくなるので大規模なリフォームや建て替えが必要となります。たとえ自宅の浸水をまぬかれた場合でも、大量の雨水は庭やコンクリート床などからも地中へとしみこみ住宅の基礎や鉄筋を腐食させることも少なくありません。このような集中豪雨による被害は土のうで防ぐことができます。土のうは浸水を防ぐ役割のほか水を用水路などへと誘導する簡易排水路としても使えるので、いざというときに役立つ災害ツールとして準備しておきたいものです。土のうと一口に言ってもその種類は様々です。大きさや内容物などが土嚢の種類によって異なるほか利用法にも違いがあります。様々な種類がある土のうのなかで一般家庭でも扱いやすいのが吸水土のうです。吸水土のうの特徴は保管性に優れている点にあります。通常時は薄いシート状となっているので枚数が多い場合でもかさばることなく保管できるほか、内部には水に浸すだけで膨れる特殊なポリマーが含まれているので通常の土のうで必要となる土などを保管しておく必要もありません。またこの吸水土のうは持ち運びがしやすいように持ち手がついているものや、作業がしやすいように軽量でコンパクトなタイプも販売されています。このようなタイプの吸水土のうであれば女性でも無理なく使用できるので、一般家庭でも扱いやすいと口コミでも評判となっています。